おりものと女性ホルモンは密接に関係している

もしあなたが妊娠を希望し始めた時、だいたいの人は基礎体温をつけ始めます。基礎体温とは朝起きて一番に計る体温のことであり、体を動かしては体温がすぐに変動するため、布団の中で計る必要があるなどの決まりのもと計測をする体温のことですが、女性ホルモンが正常に機能しているかがわかる目安ともなるのでとても大切です。

生理時の女性ホルモンの変化

odhoh

まず、生理が始まると体温が下がります。これが低温期と言いますが、これは黄体ホルモンといって体温をあげるホルモンの分泌が少なるため体温が下がります。その後低温期がほぼ14日間つづく間に卵が大きくなり排卵を迎えます。排卵をすると黄体ホルモンを分泌し、体温をあげるので高温期と言われる体温が高い期間に入ります。

この黄体ホルモンは子宮の内膜をふかふかにして赤ちゃんが居心地がよい子宮の状態につくる作用もあるので女性の体は神秘といってもよいでしょう。

オリモノの作用と排卵との関係

では、おりものはどう作用していくかというと、生理が終わるとおりものはさらさらでほぼない状態になりますが、排卵が近付くにつれておりものの量がだんだん増えていきます。

これは、排卵期に精子を子宮に運びやすくするために起こります。排卵前はとてもおりものの量が多いですが、サラサラしている状態です。一方排卵が終わると粘つきが強い状態のおりものが多くでるので、婦人科の先生は体温の状態や卵の育ち方だけではなくおりものの量でも排卵のタイミングを見極めるとも言えます。

排卵が終わるとまたおりものの量は少なくなりますが、生理前になるとまたおりものの量が増えてきて、鉄のような異臭がします。

これは最後の黄体ホルモンを出し切るからともいえますが、生理前に独特な臭いのするおりものがでてくるとだいたい生理が近いという合図といってもよいでしょう。一方妊娠した場合は異臭はせずにサラサラのおりものが出るという場合もありますが個人差があるため一概には言えないようです。

おりものは女性の体の状態を知るバロメーターでもあり、妊娠しているか否かを見極めるバロメーターでもあると言えるでしょう。

また、健康管理の一環として意識する必要があることかもしれません。基礎体温もおりものの女性の神秘と言っても過剰ではないくらいとても不思議です。しかし、医療や機器が発達している時代だからこそ自分の体の状態の変化を知ることや感じることがとても大切なのかもしれません。

正常なオリモノの色とは?色から分かる症状

生理前になるとデリケートゾーンについての悩みが多く普段親しい仲の友達でも話しにくい、なんてことありますよね。そこでみなさんが1度は気にしたことのあるオリモノの色について詳しく調べてみました。

hsohois

正常なオリモノの色とは?

本来オリモノの色は触った感覚も含めて「卵白のよう」と言われていることをご存じですか?ですので基本的には「無色透明」や「白っぽい半透明」の色であれば正常なオリモノと言えるでしょう。しかし、オリモノを確認するときって普通トイレに行ったときですよね。

そうすると、必然的に乾いたオリモノを見ることになります。そこで、薄く黄色っぽいオリモノだから異常という事はなく、下着やナプキンに付着すると乾燥し本来のオリモノの色が変色してしまうため、「薄く黄色い」オリモノも正常と言えます。

異常のあるオリモノについて

では次に異常なオリモノの色についてみていきましょう。異常なオリモノの色からわかる病気について、ここでは7つの特徴についてご紹介します。

・黄緑や異常な黄色

症状 強い悪臭を放ちデリケートゾーンに激しいかゆみをともなう
病気 トリコモナス膣炎

トリコモナスに感染した方の5~6割の人がオリモノの量が多くなったと自覚することがあるそうです。
この病気が発生し放置をし続けると増殖を続け膣以外にも膀胱や尿道などにも炎症が広がります。

・黄緑色

症状 悪臭を放ち膿の様なオリモノが出る。
下腹部に痛みがあり、発熱に襲われる
病気 淋菌感染症

一般的には自覚症状がなく検査によって判明するケースが多いと言われています。
妊娠中に感染すると流産や骨盤内感染症、早産、破水の原因になってしまうこともあります。

・白く濁っている色

症状 カッテージチーズのように白くポロポロとしたオリモノ
非常に強いデリケートゾーンのかゆみ、刺激があり、性行為の時に強い痛みがある。正常なオリモノに似た色が出る
病気 カンジダ膣炎

こちらの病気はカンジダを殺菌する坑真菌薬の内服、外用で比較的簡単に治すことができます。
しかし、夜も眠れないほどの激しいかゆみに襲われることがあり、1度治っても再発しやすいことでも有名です。

・ねずみ色のような色

症状 デリケートゾーンにかゆみがあり刺激痛のようなものがある
正常なオリモノと比べかなり臭いがつよく魚が腐ったような生臭いにおいがする
病気 細菌性膣炎

 

細菌性膣炎は性行為によって感染し起こる病気ではなく、一般的に多いのが膣を綺麗にしすぎて膣にとっては
大切な菌までも流してしまい発症するようです。

・ピンク色

症状 性行時に出血があり悪臭を放つことがある
病気 子宮頚管ポリープ
子宮頸がん

 

・赤褐色、茶褐色

症状 不正出血がある
病気 子宮体ガン

・水っぽいオリモノ

症状 オリモノの量が多くなり下腹部痛に発熱がある
病気 クラミジア感染症

クラミジアに感染したことをほっておくと子宮や卵管がおかされ、妊娠できなくなる可能性があると
いわれています。

以上7つをご紹介しましたが、今現在この中の1つでも当てはまる方がいましたら早めに病院での受診をおすすめ
します。
デリケートゾーンは女性にとってとても大切な場所です。
是非1度自分と向き合ってみてください。

出産後に増えるオリモノとその臭い

出産後に増えるオリモノ

出産後の女性のオリモノは、出産前と比べてみると、オリモノが増える傾向にあります。期間としては、人それぞれ異なりますが多くの女性は出産後の約半年から一年くらいの間に変化が見受けられます。

出産後にオリモノが変化する原因としては、出産後のホルモンバランスの変化が影響しております。女性の体は女性ホルモンの影響を受けながら、毎月決まったサイクルで変化が繰り返されておりますが、出産後の女性はホルモンバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンのサイクルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つのホルモンの分泌が関係しておりますが、これらのホルモンは、出産後にバランスが崩れて不安定になるためオリモノの状態や量に変化が生じてしまいます。

オリモノの色が茶色や黄色を帯びていたり、または血が混ざっている場合には感染症の疑いもありますので、一度産婦人科へ相談してみるとよいでしょう。また、一回の量が多くなるだけでしたら大きな心配の必要はありませんが、一日の間にオリモノが出る回数が多く何度もドロッとした多量のオリモノが継続している場合は注意したほうがよいでしょう。

産後のオリモノの臭い

出産後にオリモノの量が増えるような変化が起こると同時に、オリモノに異臭を感じる場合があります。臭いがきつくなる原因としても、やはり女性ホルモンのバランスが変化することが原因として挙げられますが、それに加えて、出産後の日々の子育ての疲れや体調の変化になどが原因となり、オリモノは異臭を放ちます。

体が疲れているときや、免疫力が弱くなってしまったときは、体の中からたくさんオリモノをだして、膣内を清潔に保とうとする自浄作用が働きます。

オリモノの量が増えると、ショーツが蒸れて湿度が高まり、かゆみを伴うなど肌に負担が掛かってしまうので、さらにオリモノの臭いはきつくなります。

出産後は特に清潔な状態に保つことが大切ですので、下着をこまめに取り換えたり、パンティライナーを使用したりするなどの対策を工夫して肌への負担をなくし、清潔さを保つように心掛けましょう。また下半身を締めつけることも、出産後の女性の体には負担が大きくかかってしまいます。下半身の通気性をよく保つこ為にもガードルやスキニーパンツなどの着用は避けようにすると良いでしょう。